こんな風に開発されています

お客様から、こんなケースできないですか?と聞かれるところから、私たちの試行錯誤がはじまります。
使い勝手がよく、斬新で、または似たケースを踏襲し、さらに、お客様の意図を反映したもの。
これをカタチにしていくには、スタッフが、社内外のスタッフ、協力会社と連携しながら、つくりあげていく作業が要されます。